2007年09月07日

台風一過

今日はライブでしたが
まさかのハリケーン台風

お客さんは少なかったけれども
とてもいい演奏をする事ができました
とてもとても空気があったくて
優しい空気


演奏が始まる前からスタンバッってくれていた
「高橋のおばあちゃん」は
私がすぎのこで歌うようになって初めてついてくれたお客さん。
もう一人のお婆ちゃん友達、「本多のおばあちゃん」といつも3人で
あんみつや白玉を食べながら世間話をするのが大好きだった。

「本多のお婆ちゃん」は元学校の先生で、とってもカワイイひと
先月の「哀の肴」のライブに、
入院先の病院を抜け出して駆けつけてくれた
「次のライブまでに頑張って歩けるようになる」
そう言ってくれていたんだけど


「千の風になって」を歌っている時
本多のお婆ちゃんがにこにこ笑って聞いてくれてる気がした
お婆ちゃんにあったかく包まれてる気がした
今日は、大好きなお婆ちゃんの為に歌いました
逝く間際に、「ライブに行けてよかった。会えてよかった」って何度も看護婦さん達に話をしていたって

会えてよかったな
そんな風におばあちゃんの人生に関われてよかった
本多のおばあちゃんがそう思ってくれたように
私の心の中にも人生にも、同じようにおばあちゃんがいます
そして皆も

posted by 哀の肴 at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。